*中咽頭がん

2014年7月10日 (木)

*教授が中咽頭がん


【中咽頭がん】

咽頭は、喉の鼻の奥から食道までの、食べ物と空気が通る部分のこと。

食事と呼吸という生命維持に不可欠な機能を担っているほか、

社会生活に重要な声によるコミュニケーションを取るための機能も担うなど、

極めて重要な場所。

上中下に分類され、口を開けたときの突き当たりに相当する部分を中咽頭という。



坂本龍一が、このがんで治療に集中するってニュースがありました!

咽頭がんって珍しいほうけど更に「中」とは、おとんとおんなじやーーー!(゚0゚)


この、ノド付近てやっかいで、食な場所、呼吸な場所、声な場所があるから

手術するかしないか、後遺症のコトとか考えたら、アタマ悩ます部位でありますよ。

切っておしまい!では済まぬ、その後の人間らしい生活が維持できるかどうかに関わってくるから!


西洋医学、現代医学の3大がん治療法はご存知、「抗がん剤」「手術」「放射線」でしたよね!(*゚▽゚)ノ

抗がん剤は種類が少なく期待できず。

手術は他より高度な技術の必要な場所、リンパがたくさんある場所。

後遺症では、声を失う、唾液を失う、味覚を失う、呼吸や呑み込みの不具合など。


最後、放射線。上記2つもろもろで、放射線治療が効くと言われているがんです。

放射線が効くってか、手術は後がやっかい、自然と放射線がさかんになるので技術が進歩というワケですよね。

とかいったって放射線(※)だって正常細胞も焼き殺すんやから、唾液や味覚を失う後遺症はありますよー。

※通常はX線使用で広範囲に当てる。がん細胞だけに照射する放射線治療もありはする


教授は、反原発の運動をさかんにしてらしたから、この放射線治療を拒否したらしいよねー?Σ(゚д゚;)

てことは抗がん剤はアテならんからやはり手術をされるコトになるんでしょか。


こういうともナンやけど、ヾ(;´Д`A

咽頭がんってリンパいっぱいある場所やから、発見された時はほぼリンパ転移してるがんやから、

放射線を広範囲であてて、リンパも含めてがん予備軍も含めて、狙ったが効果的て思うんけど!!

首から下に、内臓に転移してしまったら本当にやっかい。がんを頭頸部で止めるためにも。

がんの散らばり方次第ですかねー。比較的かたまってれば手術でもイイこともあるんかなー。


放射線NO!!って言ってきた以上 いまさら放射線の恩恵を受けるワケにはいかんって

それが男気ってコトでしょうか。

よりによって、放射線治療が有効な中咽頭がんとは。神様もイヂワルねーー(´Д⊂

詳細は発表があるようだから、注意深く聞こうと思います。



2013年10月11日 (金)

*いろんな被ばく。

※被ばく量、数字入れて書き直しました
アバウトでお話して前回すいませんでした

/////////////////////////////////////////////

11日、実は40代に突入しました!きたよきた!!

てことはつまり、がん検診がオンパレードの年なんす。
子宮がん&大腸がんが終わった。来月乳がん。

胃がん、
市で受けれる安いバリウムか、自費のカメラか悩み中。


前に 検診は受けすぎたらいかん。ちゅう話、しました。

被ばくというと、3.11以降敏感ママも増えたと思うんけど、
医療被ばくのこと考えてる人は少ないような。

医者に問えば「がん検診、1回で発がんはしませんよ」て言う。
その先の大事なコトまで言うてはくれんと思います~。

まず基本、
「放射線は体の中に蓄積されます。減りません。」

被ばくすることでDNAを傷つけます。
これを繰り返すことで発がんすることがあります。

健康維持のために、検診は普通に受けながら、

大きい被ばくの検査は毎年受けないよにするとか、
自分で調節するのが、健康にもっと近づくと思います。
被ばくしてイイことはひとつもありませんから。

さて、
自然被ばく。
日常生活で 私たちが普通に被ばくしてる放射線。
外出すれば地面から被ばく(大地放射線)するし、
飛行機乗ったら宇宙から被ばく(宇宙線)する。


知っておきたいこと、
人間全身の年間被ばく許容量、50mSv/マイクロシーベルト」

<被ばく量:mSv>
胸部単純X線    0.05~0.3
マンモグラフィ    0.05~0.15
東京⇔NY往復    0.2
日本の年間自然放射線 1.0
胃造影X線(バリウム) 2.0~4.0
PET検査        2.2
世界の年間自然放射線 2.4
腹部単純X線    2.7~4.0
胸部CT        2.0~7.9
腹部CT        5.0~10.0
PET-CT(体幹部)   8.0~10.0

CTやPETやってる人は少ないとは思うが。

メジャーな検診の中では胃バリウムが高めで、

あの2、3分の検査のあいだに、
1年間の自然被ばくの2~4倍を受けてるてことになる。

怖がらせたらごめんね、でも
年間許容の50でいったら あと46残ってますから大丈夫!



胃がん検診、
カメラ頻度多めで たまにバリウム。
 が理想。

バリウムは 被ばく量多い割りに精度が低い。
カメラは 詳細がわかるがカメラ入れるのおっくう。

でもカメラの検査方法では、スキルス胃がんが見つけにくい。
という理由により。

あ。でもスキルスて進行早いていうよね。
たまにバリウム、とか悠長なコト言うてられんか。うむ。



息を袋に入れるだけの検査「ピロリ菌検査」するといいです。
胃がん予防。NO被ばく。
50歳以上の8割が感染しているというから、
ちゃんとピロリ菌治療したら 胃がん発生、1/3になるそうな。


自分の 「人生被ばく量」知ってる人いたらすごい。
誰も医者も教えてくれないんです。
おくすり手帳にも書かれてないんです。
自分で把握するしか。

あたしなんか よかれと思うてアホみたいに
マンモいっぱい受けてきたからね!うむ、受けすぎた。
たいした量じゃないけど。他人よりかは人生被ばく量多いはず。


おとんは がん治療で、トータル60をノドに受けました。
2週間くらいの間に、全身許容の1年分強を浴びたことになる。

翌々年以降の再発だったら同じ治療受けれそうでしょ?
いいや NO~~

「部分的集中照射」だからなんすね。
もう同じところには被ばくできません。ノドの人生許容量over。
今も3ヶ月に1度 CT検査も受けてるし。仕方ないけどな。
ムダには受けないでね、と思う娘ゴコロです。

でも
大事なコトは、敏感になりすぎはダメてことーぅ!
フツウに暮らしてたら被ばくオーバーしないんだし!
いらんストレスためる方がよっぽど不健康だし!

とりあえず、医療被ばくも、
DNAを傷つける被ばくのひとつてこと、
知ってることが大事やと思いました。

2013年9月 5日 (木)

*医者に殺されない47の心得

昨日届いてがーって読んじゃったー( ̄▽ ̄)

以下、がん治療の事が長いから興味ない方はスルーでね。

がん治療に否定的な本なのでそのコトを書きますが、
すでにがん治療を受けた方の判断が間違ってると
言いたいのではないことはご理解くださいね。

うちのおとんががん治療をした際も、全く知識がなく
我が家も、医者の言うとおりに治療をうけた身です。

おかげで、おとんは現在元気に暮らしているし、
おかげで、治療の後遺症と暮らしもしています。

死にかける姿を目の当たりにした時に、
がん治療に ふっと疑問が沸いたのが、
おとんががんを克服したあとも、
がん治療について興味が続いてる理由です。

がん大国である日本の医療の中身が
フタをあけたら最低レベル(遅れている)なことです。
医者業界が改善には消極的なことです。

でも私も病院に医者にお世話になっているし、
これからもなるだろうし、全否定はしたくないんです。

ただ、病院の医者の言うことを鵜呑みにするんでなくて
自分中心に判断できる患者さんが
一人でも増えるといいなっていうのが強い思いです。

最近、がんだと告知され治療法を悩んでいる方へ、

それと、治療始めたけどきつい。と感じてる方に、
無理してそれを続ける必要はないかもしれないよ?
という気持ちで、書いております。

/////////////////////////////////////////

うむ。
イロイロとココロの変化が起こりましたね~
自分ががんになったら、どういう行動をとろう。

がん告知されてびっくりして焦って
早くやっつけないと!と普通思うと思うけれど、
あれ?そうでもない? と思いました。

臓器温存を推奨されてる点も共感できました。

元々あるべきものを失くすことは不自然なことで、
知らないうちに他の部分にダメージを与えていること、
切る行為が、新たながんを生む機会であることなど。

戦うべきがん。
戦わず共存すべきがん。があるらしい。

本の中のいくつかのキーワード。

「がんもどき」「検診ががんを生む」「早期発見は不幸」
「がんは放置がいちばん」「ぽっくり逝く技術」等々
気になるワードはありませんか。

著者は医者。慶応医大、放射線の先生で、
若い頃に渡米し、日本の医療に疑問を持ち始める。
当時、切るのが当たり前だった乳がんの
温存治療を積極的にすすめた先生です。

がんを放置するという理論で影響を与え、
余命宣告よりずっと長く平穏に暮らした患者さんが
たくさんいらっしゃるとのことです。


純粋に働くお医者さんには申し訳ないこと書きますが、

3割負担に えーって言いつつ
海外に比べれば日本は医療環境は恵まれてます。

気軽に通院できるのはありがたいことだけど、
コンビニ感覚で、ひま潰し的に軽く通院する人も多い。
医療の現場も大変だろうなと思います。忙しかろうなあ。

思ってるより、儲かる業界でもないんですってね。

不必要に薬をたくさん与え、不必要に手術をし
糖尿病患者、高血圧患者など
いうとただの老化現象の体の現象を、
病気にしたてる風潮があるらしいのですね。
そのほうが業界が潤うわけですから。

高血圧のガイドラインもどんどん下げて、
対象者を増やしていると、書いてありました。

重症なのをのぞけば、確かに老化現象かなと思うんですね。

血管は年取れば自然と硬くなるから、
少々高血圧くらいでないと血液がうまく運べないんだって。

がん検診を積極的に国がすすめても、
がん患者が減らずに増えているのは、
検診が全く役に立ってないという結果。

その原因は、
がんもどきを発見され、不必要な治療を受け
がんというより、治療によって早死にすること、
X線の300倍の線量であるCTで被ばくするなど。

このCT被ばくは、たった1回受けるだけで
福島の避難区域認定と同じ数値だそうな。


興味深い話が載ってました。

日本の信州のある町で、がん検診を受けないことにしたら、
がん患者が激減した。

1976年のアメリカ コロンビアの病院の医者達が
治療のストライキを起こした時、患者の死亡率が35%下がった。

ほんとかよー。笑えるな。でもこれが恐ろしい現実だな。


死ぬまでに、治療で苦しむよな時間が平均10年あるて
それが長寿の国、日本の現実なのらしいけど、

ほとんどの人がぽっくり逝きたいと思ってるのに反して
日本って、ぽっくり逝きにくい国ってことみたいです。
治療を受けたことによる後遺症で苦しんでる方が多い。

がんは、一番ぽっくり逝きやすい病気なんですって。
「病院の治療を受けなければ」の条件付きで。です。


自分の人生を余生を選択するために、
それと、わからないことを医者に質問するためにも
がんのこと、治療方法のことを患者は知る必要がある。

がんは放置が一番。という著者なので、
この本で、医者にかかるだけ寿命を縮めると書いてあります。

でも現実、自分ががん告知を受けた時に
放置する勇気があるかと言われたら、まだ揺れますね。
病院や医者に頼りたい部分もあるし、
でも、自分で選択できるようありたい、とは思う。


この本を読んで、少し気が楽になった気がするんです。

自分に起こった体の変化を
冷静に受け入れようと思えたというのか
実際はそういかんかもしれんがね。

がんにはいろんな種類があって、
つらい治療をしなくても幸せに暮らせる道もある
ってことが 気を楽にさせたんだろうと思います。

検診はできるだけ受けるな、とか
アンチエイジングはするな、とか
免疫療法は意味がないとか、
石けんやシャンプーは使うなとかw
他にも気になる事項がありましたが

長くなりましたので、また次回に。
お付き合いありがとうございます。

関連書籍。

【送料無料】抗がん剤は効かない [ 近藤誠 ]

【送料無料】抗がん剤は効かない [ 近藤誠 ]
価格:1,500円(税込、送料込)





【送料無料】免疫療法に近づくな [ 近藤誠 ]

【送料無料】免疫療法に近づくな [ 近藤誠 ]
価格:1,365円(税込、送料込)

2013年8月20日 (火)

*事故の場合

親の死なせかた、病気で亡くなる際のことですが
死への向き合い方、ていうのでは
病気よりも残酷なのが事故ですよね。

病気はまだ
心を整える時間が少しはありますけど
事故は突然すぎて そんなことできません。

家族みなに、エンディングノートを持たせたとしても
死ぬ前にココに旅行に行きたいと書いてあっても
事故だったら、それもかないません。

人それぞれ 亡くなった時が寿命って言うけど
なんでウチが。ってなるよねー納得いくわけない。


前に親戚の小学生が事故で亡くなった時は
通夜葬式とも皆が発狂していたし、地獄のようでした。
到底受け入れれるはずありません。

かわいいお顔がたくさん傷ついて
本当にかわいそうな姿だったけれど、
通夜の夜には 畳に皆で添い寝しましたね。

別れを受け入れたくなくて
できるだけその子のそばにいたいのですよね。

むー
事故で近親者を失う時、どうやって傷を癒すんだろうかね。
私はまだよくわかっていません。(わかるわけないか)

短い人生が気の毒で、
この子はなんで生まれてきたのかなとか、
短かったけど 幸せだと本人は思ってたのかな、とか
思いますけど、

いつがお別れの時になるかがわからないから、
つきなみですけど、
いつも全力投球で優しく接したり楽しく過ごしてたいですね。
できることってそれしか思い当たらないけど、
実はとっても難しかったりしますよねー。

ケンカしたままで相手が事故で亡くなったりしたら
生きてけないほど後悔しそうです。

2013年8月19日 (月)

*親を幸せに死なせるために、今考えておくべきこと

前に本屋で立ち読みした本で、
20代、30代、40代・・それぞれの自分の年齢で
しておくべきこと が書いてあるのを見まして、
なんとなく覚えているのは、
30代は、自分の今までの人生の総括をする・・
自分に何ができるのか、次の代でどう伸ばすかなど。

まもなく40代に突入するにあたり必死に思い出しました。
40代では、親の死に方を考えること とあった気がします。

自分の親が亡くなるのは想像できない傷みですね。
ただ確実にそれは近づいています。

死は、
キリスト教は、天に召される、神の元へ戻ることで、
仏教であれば、ようやく苦難の時代を通過しただけ です。

命は授かりモノ。自分のモノではない。
この考えがあるなら、悲しみは少し減るかもしれん。

近親者が亡くなった時に思う、仏教の輪廻。
ひとつの肉体が消えても魂は生きていて
道端のこの花や、バスで隣に座った他人や、
自分の身の回りの色々に、生まれ変わってると信じる。

そう思うと、もう死んだから会えないー!とか、
考えてもどうしようもないことは 少し減る気がするし、
なんだか周りに対しても優しい気持ちが自然と戻る気がします。

といっても実際問題、自分の近親者が亡くなると悲しい。
そんなのは当たり前で、自然なことです。

ですが、やれることは前もってやっとくべきだと思うんです。

もし前もって、親の死に方の希望を聞いていて、
それを守れたとしたなら、
親は幸せな最期になると思うし、
残された子供の悲しみも少し減ると思うんです。

もっと親孝行しときゃよかった~って自分を無駄に責めず、
親の希望通りに死なせてあげられた っていう気持ちに
なれるとしたら、最高だと思います。

自分や親が病気した時に感じました。
入院するのにお金がないけどどうしようとか、
もし死ぬことになれば、葬式に誰を呼ぶかとか、

そういった事務的作業というのは、
病気だけで気分が凹んでいる状況では、
本当に苦痛でしかありません。
一番大切な、寄り添って一緒にいてあげること
話をしたり笑って過ごすことの妨げになってしまう。


前もって何ができるのか?
エンディングノートを親に渡すのはどうですか。
病気になった時には渡しにくいし、元気なうちに。

おとんががんになり落ち着いてから渡してみました。

普通、生前整理してるご家庭は少ないと思うけれど、
本人が何を大事にしていたか、誰に譲りたいか、
これは捨てていいとか・・・・よくわかりませんよね。

おとんの書道の道具なんかぞっとする量でですね・・・
大事にしているものを知りたかったのと、
死ぬ前に行きたいところ、連絡とりたい人、
葬儀には誰をよぶか・・・・などを記入してもらいました。

自分用のエンディングノートもあります。
家のことを全然知らない旦那用に、
私が急に事故にあって入院した時などに使えるように
通帳の場所、引き落とし日の一覧、
葬式にはお花がいっぱいがいいとかw いう希望を。


元気なうちに、やれることはやっておきたいですね。
親ともそんな話をしましょう。
親が嫌がるようなら、エンディングノートをそっと渡しましょう。

いざ元気でなくなった時、そのパワーを有効に他で使える。

ちょっとこの記事はさくっとしているし
続きが有料でないと読めないのだけど(汗

医者は治療のしかたは教わってきたが、
「死なせかた」は知らない という点、同感です。

医療サイドでできることは限られていて、
親の幸せな最期、死なせかたについては
子供がきちんと考えて知っとくべきだなーと思いました。

記事はこちら

2013年6月12日 (水)

*ガンが消えたひとに、何を食べたのか教えてもらった

今朝facebookをチェックしていたら知人がいいね!
していたので読んでみました。

長いのでリンクあとで貼るー(◎´∀`)ノ

ガンの3大治療を受けて、
もう抗がん治療いやだー!って病院を出て自宅へ帰り
さーどうやって がんを消したのか?というお話。

ステージは「4A」ですって。よく諦めなかったと拍手しかない!

抗がん剤の副作用は様々ですがおおよそ、白血球が激減し
口内炎ができ痛くて口が開けられず食べることもままならず
衰弱してしまう。吐いたり髪が抜けたり倦怠感やうつ状態、
肺炎になったりもする。

もう、何回も同じコトを書いているが汗

ガンでというより、副作用が体力を奪う。弱らせる。

自宅での生活
野菜果物メインの食のこと、
作り笑いでも笑うこと、ストレスためないこと・・・

実はぜーんぶ出来ないコトとじゃないんだよね~
いちばん大事と思うのは「食」。ていねいに食を捉えてみる。
旬のものを新鮮なうちにいただく。体温を上げる・・・

できることばかり。(手間隙はかかるが)
病院にかかるよりお金もかからない。

大事なコトは、「それを楽しんでできるかどうか」にかかるね~

そして私が大事に思うのは

「舌が喜ぶ食事でなく、カラダが喜ぶ食事を。」

おとんがガンになった時読んだ本に書いてあった。
ほんとーにそう。
美味しいって舌が感じるのに従ってばかりだと痛い目に合う。

本人もこれだけ頑張ってるのに
副作用ってなんでこう容赦ないんやろうて、
悲しくって切なくってむなしくって もう
残りの人生でたった一度も味わいたくないな。
身近な人がガンになった方はみなそうだろうと思う。

一度お読みになってみてね☆ ↓
「ガンが消えたひとに、何を食べたのか教えてもらった」

2013年5月19日 (日)

*乳の日。

アンジェリーナジョリーがおっぱい取ったってニュース
びっくりしましたねえ!w(゚o゚)w

いぢわるなあたしは、
そこまでやって 乳がん以外のがんになったりしたら
あの魅惑的な乳の立場はどうなるんやー とかね。

乳がんのことを詳しく知らないのだけど、
乳腺をとるってこと=乳房をとるってこと?

うー まだなってもないのに取るのか~
むちっとした乳、よかったのになあ。。


母親が乳がんで亡くなったということだから
やっぱり心配やったんやろうとは思うよね。

がんになりたくないからって、肺や脳や胃を
先にとることは難しいから、それに比べれば乳はまだいいのか?

チチつながり。

母の日のあとは父の日ですね。

いつも 鹿児島のレアな芋焼酎を贈って喜ばれていたが、
おとんががんになってからは、酒は気が引けて贈れず
以来 父の日はアタマ悩ませます。

今年は姉と一緒にCOACHの小物色々となりました。
でも先日、葬儀場に泊まりの時に下着を包んでいた風呂敷が
色あせて貧乏くさかったので(私が子供の頃からあった)
風呂敷もプラスして贈ることにしました。

前に、中川さんとこの実店舗で
買物した時もらっていたクーポンで送料無料になったので、
ついでに 夏の懐紙もいくつか購入いたしました。

コレ自分用に欲しいのよね。

確かに、風呂敷って使い勝手いいわよね。
旅に下着や洋服まとめるのに、
風呂敷だと 入れるモノのサイズに合わせることができるし、
畳めてかさばらないし!


↓ 結び目の朱色がアクセントでかわいい♪ ↓

↓ 手紙を書く時に使ってもらおう ↓

2013年1月21日 (月)

*輪切りしようよ

そろそろ視聴率悪くて打ち切るらしい昼の情報番組
知りたがりで、早期発見がん の特集がありました。

早期がいいにこしたこたないが、
がん細胞の質によっちゃ早くても厳しいよ、と
ひとり突っ込みながら見てみましたところ

肺がんのお話でした。
病院にかかった患者の、すでに2/3は手遅れだそうです。

日本でいちばん多いがんは肺がんです。
最終的に肺に転移する事も多いから、
原発が肺以外の数も入っての一番かどうかは不明。

次は胃がんです。
前は胃がんが一番だったけれど、昔も書いたけど
冷蔵庫の普及で塩漬け類を食べるのが減ったからです。
胃がんは塩分と深いかかわりがあるといわれております。

肺がんは、喫煙者のイメージが高いけど、
実は何倍も多い割合で 非喫煙者のほうが多い。
がんセンターの医者が言っていたが、この理由は
ウィルスやらなんなんか、原因がはっきりしてないらしい。

で、肺がんの手遅れが多いのは、X線検査のせい。
CTをして輪切りでチェックしていたら、
肋骨や心臓や横隔膜のうしろのがんもわかるのに、
費用がかかるのと人不足のせいで、CTが普及していない。

むー。
こりゃいかがなもんかいな?
こんな裕福なお国が、費用がかかるちゅうて
がんの手遅れを見逃しておるなんちゃ。
そこいらのニートどもも医者になってはくれんか。

CTでみつかった頃には手遅れで、手術もできない。
肺がんにはそういうことが多いらしい。
知り合いもそうだった。手術ができなかった。
肺がんは、できた場所によるところが大きいと言っていた。


X線も、せんよりよかろうが、あんまり意味はないのね。
CTが標準なら、どんだけの命が助かったろうか。
でも世界的に見ればまだ、
X線が標準検査であるだけマシな方だとかで。
なんだかなあ。 この現状、なんとかならんもんか。s(´Д⊂

2012年12月10日 (月)

*病気を味方にする

不思議なタイトルの本を読みました。

病気は才能。

えー なんでやねーん。だわさ。はじめ。

ざざっと読んだだけだけど、
これは一度、読んだほうがいいと思える内容でした。

カラダの小さな不調いろいろの、それぞれの持ってる意味が
詳しく、かんたんな文章で書いてあります。


細胞は3ヶ月で生まれ変わる。
1年もすれば体は、全く別人になる。
のに慢性の病気が治らない理由とかも。

本来は治るべきなのに治らないのは、
自分のどこかが、それを許していないのだとか。

潜在意識の改革をせねばならんようだから、
ここいらは、わしゃはもっと読みくだき学ばねばならんけどね。
カンタンにいうと、そういうことだった。


体内にいる100兆の細胞は、
めまぐるしく高度に、複雑に繊細に分化する中で、
がん細胞は、生真面目にただ分裂複製して生きている。
がん細胞は、一番純粋で、一番真面目な細胞なんだと。

がん細胞の誕生。

体内に見つけていた、ちょこちょこした不調を
「見てみぬフリで、誰もやんないならわしゃがやるよ」と、
カラダの悪いところを自分ひとつにまとめるのを買って出て、
自分を犠牲にして誕生したのががん細胞。

体質改善、環境改善をはじめる猶予をくれるサイン。

そんなんで、真面目に働いた結果のがん細胞は、
結果、ご主人や、他の体内細胞から煙たがられてしまう。
がん細胞主体で考えれば、
真面目に頑張ったのに。。。なんだろな。


病気は、カラダの不調の強力なサイン、なのよね。

そのサインに気づいた時、あまりに強力すぎて
とても間に合わないことも多々あるとは思うが。。


カラダが弱った結果でもあるけど、
病気になるって、ほんとは、すごくエネルギーがいること。

その病気のエネルギーを味方につけて
回復の方向に向かわすのは、自分にしかできんこと。

うむ。
またじっくり読んでみることにしよう。

【送料無料】病気は才能 [ おのころ心平 ]

【送料無料】病気は才能 [ おのころ心平 ]
価格:1,470円(税込、送料別)

2012年12月 5日 (水)

*なんてこったい

今朝の速報で大変打ちひしがれてます。

日本にとって 偉大な宝が
またひとり今生から旅立たれました!

勘三郎さんは57歳という若さだし、
生まれたばかりの孫の成長をもっと見たかっただろうし
やり残したことがまだいっぱいあっただろうから、
本人が一番無念だったろうとは思うけれど、
がん細胞のこんちくしょう!! っと思うてしもうた。

このような人間国宝級の方にくらい
手加減してはくれんか、と悔しいです。
転院を数回されたとかで、それも残念でなりません。

詳しい情報はありませんが
死因は合併症だったとのことです。

夏に初期の食道がんの手術をされました。
その後、人口肺をつけられたと知って、
食道がんは散らばりやすいので、肺転移かと
勝手に思っていたけれど、そうでなく
タチの悪い合併症にかかられたようでした。


がん治療で抗がん剤を使うことは、今の日本の医療では
当たり前の流れになっています。
が、抗がん剤は体力を奪い、
体全体の免疫力を著しく低下させてしまいます。
その結果、合併症が現れ、がんそのものよりも
合併症が死因の方も大変多いのが現状です。

合併症は防げなかったのかと とても悔しいです。
合併症の治療専念のため
呼吸器科に強い病院を転々とされたと聞いています。

チーム医療が整ってれば合併症の発症は劇的に減ります。
たらればですけれど、なんとかできんかったかと思うてしまう。

へんなはなし、がんの原発の場所というより、
そこに強い病院ていうより、
がんの場合は、特に合併症に気をつけねばならんから、
チーム医療体制のある病院選びが重要になってきます。
チーム医療で、患部だけでなく体全体をケア&治療しなければ。
たらればだけどね。悔しくてね。もっと生きてて欲しかったさね。


無邪気で子供みたいな人懐っこさが魅力的でしたよね。
人間国宝認定されるまで生きてて欲しかったですね。
残念無念。
今日だけは神様仏様を恨ませてもらいましょう。

より以前の記事一覧