« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月

2015年1月26日 (月)

がんばらない渋谷へ。

わたしは東横線沿いに暮らしてます。

デカめの最寄駅となると渋谷、東横線 普通電車で10分。なのにあんまり行かないのは、

人の多さと街がよくわからんからくたびれるのと(;;;´Д`) そして「若者の街」と思ってる(た)からですが。


ご存知の方はご存知、ただいまその渋谷は「100年に一度と言われる 大・大プロジェクト」中!!

渋 谷 駅 再 開 発 。



えーーーー あーた、渋谷なんかまた開発して どーすんのーんヽ(;´Д`ヽ)(ノ;´Д`)ノ

と、思います普通思います。

全ての完成は2027年とされています。 

は!!( Д) ゚ ゚   まだまだと思ってる東京オリンピックも終わって更にその先かあ?!

そーそのくらいのスゴイ出来事が、現在も着々と。

ヒカリエ完成も、副都心線完成も、惜しまれながらなくなった地上の東横線のホームも、

惜しまれながら3月に50年の歴史が終わる東急プラザも。まだまだその序章に過ぎないといふ。

そんなに壮大なことを。これはもう注目したが楽しみが増えるってもんだわさ( ̄▽ ̄)


東京の地形や歴史が好きなタモさんやマツコが、

この渋谷のプロジェクトにわくわくしていて、先日もTVで熱く語ってたんだけど、

田舎もんのあたしにしてみれば、最初意外に思ったんです、何でわくわくしてんの?と。

古い町並みが無くなって背の高いビルがまた増えて無機質でつまんなくるんじゃないのー?と。

でもよくよく調べてみると、カンドー的なプロジェクトだと知り、更に渋谷が好きになっちまったという(;ω;)


あたしの感じる、そこいらに住んで初めて気づいた渋谷の魅力は、

「最先端が集まる、意外に生活感がある」あたり。最先端なくせ、人間くさかった。

今度閉店する東急プラザ(田舎によくある天井とか床がゆがんでる風の古いデパートw)

の地下の金物屋やら魚屋やらちょー庶民的でびっくりした。


新宿や池袋のような大きなデパート街というより、小規模で先鋭なものを売り、発信している。

小規模なアートスペースが多い、大きな公園も近所にあるetc

海外から日本初上陸する世界のトレンドのほとんどが、ほぼ渋谷周り(原宿・表参道含む)に出店するのは、

渋谷に、ブランドに拘らず新しいモノを積極的に受け入れて発信する土壌が昔からあるからと思いますね!

基本的に下品で薄ら汚なさを残す(そゆのも好きだけどw)新宿&池袋とはちょっと感じが違う渋谷。


そして地形の話。興味ナイかたスルーくださいワラ

いやしかしこのプロジェクト実施、「渋谷ならではの地形」が最重要キーワードだったりするんよね!!


「渋谷」 そーそのまま。「谷」の街。谷底の渋谷駅に向かい、多くの坂が存在します。

109前の横断歩道は平坦っぽいけど1本道を入れば大体が坂道です。

渋谷川。えーーー 渋谷のド真ん中に川があったんかー モヒャ━━((゜Д゜Uu))━━!!!!!!

でも渋谷が谷の街なのだから、川があって当たり前なのも冷静になると気づく(笑)

東急百貨店 東館(プロジェクトの一環で2013閉館/80年の歴史に幕) には 

デパートに必須の「デパ地下」がありませんでしたのをご存知ですか。

そー その理由は、渋谷川がそこにあるからーーー モヒャ━━((゜Д゜Uu))━━!!!!!!

去年話題に出てました。「渋谷川のフタがあいてる~♪」って。フタてw

工事中、渋谷川が80年ぶりに顔を出した日があって、その様子を写真撮り出かける渋谷人がいたんです↑

川が渋谷のド真ん中にあるなんてね。ひっそり下に隠れてるのよね今も。


そうです。渋谷プロジェクトの、きっと、最重要項目 → 「渋 谷 川 の 移 設 」

えーー 川を、移設ーーー?!?! モヒャ━━((゜Д゜Uu))━━!!!!!


で。

結局のところ、その巨大プロジェクトは、ナニをしたいのよ?ナニが目的よ? ってはなし。( ̄▽ ̄)

副都心線が開通して、埼玉方面と渋谷がもっすご便利に移動できるようになり、

都心ではない地区からもお年寄りが増えつつあります、高齢化もあり。

ヒカリエの出店店舗を見ても、若者だけがターゲットでないのがわかる。随分オトナ化が進んでいる渋谷。

・・・・
若者からお年寄りまで、人の流れをスムーズに。少なかった休憩スペースを増やし。快適な街化が目的!(゚▽゚*)


戦後あまりにドカドカ慌てて作り、でもそれが日本の経済成長に繋がったことでもあるんだろうけども

いまの渋谷駅付近、快適さ皆無・・( ̄▽ ̄)

動きにくいんです。人の多さもだけど、行きたいトコロに移動がしにくい!電車も乗換えが遠い!


「人多いから渋谷なんだし、開発しなくったって~」と、観光客だと思うと思います。

でももう多分とっくにキャパオーバー(;;;´Д`) 手をつけなければいかんトコまで来てるのよね。

狭い東京の、更に平坦な土地が少ない、その地形を残す渋谷に作ろうとすると、上か下に拡げるしかなく、

人の流れを改善するための通路を地下に作るために、そこにある川を動かす。

渋谷川に沿ったヘンな形をした建物がありますが、渋谷川を残すために無理な建築を繰り返してきて、

急激に大都市となった結果がいまの渋谷駅の姿。渋谷川が、致命的な場所にあるらしい。


いったんココで思い切って、渋谷を快適にしようでないか! という、川をも動かすBIGプロジェクト。

できるだけ地形を変えず、川を埋め立て消滅させず、どうにか良くはできないかしら、と

ただならぬ計画を練って練って練ったあげくのプロジェクトなんでしょう。

長年愛され、先日取り壊された、地上の東横線ホームにあった「かまぼこ屋根」を、違うカタチで再現予定、

動かした渋谷川まわりは広場となって、長い遊歩道を作り憩いの空間を作る。バリアフリーetc

・・・
なんといいますか、再開発事業とはいえ、愛のこもったプロジェクトじゃああーりませんか゚゚(´O`)°゚



結局、街作りっていうのは、人と自然が快適に共存するための試行錯誤のカタチ、と思うんです。

渋谷の街の歴史は、まさにソレだなーと思ったんです。いかに残すか、の戦い。なんか知らんカンドー(;ω;)


さーー 今までがむしゃらにわき目も振らずがんばってきた渋谷が、

がんばらないために、今、がんばってます!! w

完成まで阿呆みたいに時間かかるのも「渋谷川の移設」が大きいのですやね、納得((・(ェ)・;))


2027年、渋谷がどんな姿に変わるのか、残されたモノはどんな具合か、

人が多いなりの快適な街に変貌できるかどうか・・・・・楽しみにするわよー!!(◎´∀`)ノ



2015年1月23日 (金)

全豪オープンにどっぷり

全米でのKくんのがんばりを見たのがきっかけで

テニスってもしかして、オモシロイ?と。ほんといまさら。

テニスってだってTVで中継ないし、見る機会ってったらニュースのダイジェストだけ。

でもダイジェストでなくて、1試合をじっくり見たらば、滑稽だし面白いし芸術的だし想定外でしたん(゚▽゚*)

これはなかなか面白いものに出会ったなーと、先週から全豪オープンをつけっぱな( ̄ー ̄)


まずは、特にシングルの選手をリスペクトですね!

例えば、バレーやサッカーはタイムがあって、途中で大勢で作戦を練りなおすことができます。

テニスは一度コートに入るとコーチから指示は受けられず、休憩タイムもひとりで考える。孤独すぎ。

フルセットとなったら4時間とか!ながーくひとりぼっちよ~~ 強いよなー((・(ェ)・;))


休憩中の飲食も微笑ましい。チョコみたいのをムシャムシャやる人や、

バナナをぱくっと。その後ていねいに皮で包んでバッグにしまう。たったひとくち、バナナw

Kくんはウィダーインゼリーが多いね(*^-^)


次に、やっぱり王子様(≧m≦) テニスの王子様☆ たくさんのシモベがサポートしますw

試合中に汗かいて、そっぽ向いててもふいっと手を伸ばせば、係りがタオルを差し伸べる。

イスに座って休憩中、日傘を後ろからさっとさして日陰をつくる。

はいこれって目で合図したら、ゴミ取りに走ってくる。全速力で。全てが全力なシモベたちw


フォルトの時の大声も、何もそこまで叫ばんでも!! 思うほどの声。全力。

テニスの試合を支えている人たちが、ものすごく全力で、見ていてとっても気もちがイイ。


次に、それなのに、王子様なのに、荷物は自分で持つΣ(゚д゚;)

4,5本のラケットや着替えや飲み物の入った見るからに重そうなデカバッグを2,3個抱えて入退場、

試合終わった後なんか気の毒でねー。誰か持ってやったら?思うけどw 不思議なところ。


次に、試合。肝心な、テニスの試合、がオモシロイ。

シューゾーがよく言うけど「メンタル勝負」。駆け引きがオモシロイ。強弱も大事。戦略の重要性などなど


ラッキーなことに、今の日本にはKくんがいるー!今こそテニスを楽しもう♪の時期で間違いナイ!思うさね。

Kくんのやるテニスは、見ていて退屈しません。「技のデパート」w 引き出しが多くてすごいなー思う。  

本人も、真剣に戦いつつも、技をイロイロ試したり楽しんでる様子もあり、進化はなはだしー。


あたしみたいなド素人が見てても、テニスって面白いなーって、とても思いやすい、そんなテニスを

Kくんは、開催中の全豪でも、やってくれています☆


明日、ベスト4をかけて対決です、実質、戦いはココからですねー!

相手も強いのでスゴイ戦いになりそうでわくわく今から楽しみしてます(* ̄ー ̄*)


2015年1月 6日 (火)

ガオカのケーキ2014と旬

2014は、今までの人生できっと一番ケーキを食べました。想定通り( ̄▽ ̄)

スイーツは興味ないほうでしたけどおかげで随分と捉え方が変わりましたー。

甘いものを食べるのは女子の幸せなのは永遠だけど、

食欲を満たす目的って以上の感動がありますねー!


ガオカにはスイーツに限らず専門店が多くて、職人技に関心することが多々ありますが、

ケーキも技の詰まったものすんごいアートだなあ、芸術の極みだわーと思うよになりました。


それを強く感じるのは辻口さんとこのモンサンクレールです、哲学的にモノヅクリされている。

口の中に入れて舌にそれぞれの素材が乗った時の味覚まで想定して作るおかた。食感もとても工夫してる。

だからといって万人に美味しいのかというとそうでナイからオモロイもんで!( ̄ー ̄)ニヤリ


私が、去年食べたケーキでいちばん好きでしたお店は「パティスリー・パリセヴェイユ」で、

こんだけ支持されてんのにサイト作れば?て思うんですけどw

今まで10種くらい食べたでしょうか、どれも個性的なのにハズレなし。くどくなくてバランスに優れて。

洗練されてるんだけど、頑張ってる感やおしつけ感がない、自然な、作品ばかりです。

モンサンクレールの作品の中には、若干くどいのがあります、たまにウザイ。( ̄Д ̄;; 

ココのは、ケーキに詳しい人にしかわからないトコがあんだろな。素人な我輩にはムズい世界か((・(ェ)・;))

先月はめでたく海外進出、ソウルに出店するくらい多忙な辻口シェフなのに、

ガオカのスイーツフェスタには顔を出されたり、

ガオカというか洋菓子界というかスイーツ界に大きく貢献されてるから尊敬する方ではもちろんありますが。


さてパリセヴェイユ、小さな店だけど焼きたてパン、焼き菓子やジャムも全て丁寧なお仕事をされていて、

奥にカフェもあるけれど通年満席(゚ー゚; 一度、お店の出すコーヒーと一緒に頂いてみたいと思っていて、

先日、朝早めに出掛けて椅子に座れて感動。想定通り゚゚(´O`)°゚ うまい。コーヒーまでも拘っとった!!

大体どっか手を抜くものですが。ケーキが更に美味しく感じるよな抜群のコーヒーを提供されておりますね。

んがー!接客は改善点アリで残念やなw


ココと並んで人気は「エムコイデ」、ガオカではパリセヴェイユかエムコイデがNO.1と思われます。

エムコイデは、東京ケーキランキングで3位に選ばれてます。

ココもサイトないよオイw なんかそれも、わからんでもないかな。職人って感じするなあ。

実はココのまだ未経験。前にお店の前まで行ったけど狭すぎて萎縮して入れなかった(汗

3畳くらいじゃないの、とにかく小さいのよ~なのに東京都内ランキングに入るなんちゃー

どんだけケーキを作ること「だけ」に貪欲なんかね!Σ(゚д゚;)


さて、そんなスイーツの街ガオカで、11月のオープンからずっと行列が続く、旬のお店が「BAKE」。

札幌の老舗洋菓子店きのとやさんです。BAKEとしてはガオカと新宿、大宮に現在お店があるようです。

焼きたてのチーズタルトを提供してくれるそうですが、

朝早く行っても30人はいるし諦めて帰るんだけど、食べた人の評判がすこぶる良い!ヽ(*≧ε≦*)φ


チーズタルトはじめ、2015も、職人たちの技の詰まった芸術作品に出会いたいですー♪


2015年1月 2日 (金)

やってきたよね2015

明けましておめでとうございます!

あっというまに正月も終わり、休み明け、朝がきつくてたまりませんなー。

餅ばっか食べてました。近所の和菓子やさんのついた餅が美味しくって(◎´∀`)ノ

畳餅っていったっけかな、コレは九州では見たことなかったなー。アッチは丸いし。

長方形のべらーっと大きな餅のことで、好きなサイズで注文し、好きなようにカットして食べます。


さて2015はどうしようかなーと抱負でも考えてみたけど、健康で、にこにこで、わくわくならいいなー。

石けんは、去年の後半から、友達の友達・・と広まって顧客さまがありがたいことに増えてきて

去年よりたくさん作るぞー。と意気込んでいます。

けどそれに伴って、商売っけが強くなると法律面でイロイロ諸問題が出てくるので対策まだ悩み中。

純粋に作りたいの作って、喜んでもらえる方にお譲りできたらイイけど。そうもいってられない世の中よの(;;;´Д`)


あとね、「すぐやる」だなw やらねばならんコトがたまってイライラする日々をなんとかしたいわー。


そんなわけで、今年も仲良くしてくださいw(´∀`)σ)Д`*)


« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »