« ラッピング裏話。 | トップページ | 船橋プチ探訪 »

2012年8月30日 (木)

北海道の贈りもの

札幌に帰省してたオトモラチのれいちゃんが
北海道の詰め合わせを送ってくれましたん!
どうもありがとうヽ(´▽`)/

北菓楼の「北海道開拓おかき」 初めて食べた、
びっくりしちゃった、うまあい♪
たまに出てくる燻製チップ?みたいのがまた美味で堪能しました。
素材の旨みがよく出て丁寧なおかきでしたわ~。 

Spk_2

白い箱は おなじみ六花亭のものでお菓子の詰め合わせ。
6,7種類のお菓子が入ってたでしょうか。が、
開けてびっくりマルセイバターサンドも入ってた!
六花亭の箱の中に、マルセイバターサンド。

このご時勢、吸収合併でもしたかと思うたら、
なんとマルセイバターサンドて六花亭の商品やった!!(゚ロ゚屮)屮
(これは常識なのか?)

マルセイバターサンドは、こういうやつ。
12
生協のチラシにのったら必ず注文して
冷蔵庫に保管して 大事に大事に頂きます(*^-^)
でもこれ、出来立ては比べものにならんくらい
味が違うらしいよ。美味しいらしいのよ~。
そらー北海道に住む人だけの特権やな~♪

○に「成」てロゴだから、成田さんだか成沢さんだか知らんが
それが マルセイて社名になったて思うとった。
しかしこの赤い包みがまたエエよね~たまらんね~。

なんせ、六花亭といえば板チョコのイメージしかなかった。
(古っ。)
こういうやつ。
21

日本で初めてホワイトチョコレートを作ったのが六花亭。
で またこのイラストがまたいい味でねえ。

でも、衝撃的なことを発見した!
なんとこの歴史ある板チョコがリニューアルしていた!
今年6月に まさに変わったばかり。現在はこちら。

Wh

食べきりサイズにしたらしい。どーよそれどーよー。
長い板チョコがエエんでないのー。どーよー。えー?

しかし、マルセイバターサンドが六花亭だったちゅうのは
なかなかの衝撃やったなーヾ(.;.;゚Д゚)ノ

北海道はお菓子の王国!
酪農・農業王国だもんね~。ルールルルー(*゚▽゚)ノ

« ラッピング裏話。 | トップページ | 船橋プチ探訪 »

日記&雑感」カテゴリの記事

コメント

おおおうheart02まさかブログにのせていただけるとは!!

おかき美味しいでしょ〜。歯にくっつくけどね(笑)
いつも半分でやめようと思いつつ、気づいたら完食・・・してます。
マルセイバターサンドっていったら六花亭の代表菓子だと思ってたけど道外の人にとっては違うのかな??

北海道は色んなお菓子があってどれもこれも美味しいんだけど、
でもやっぱり最後は六花亭に戻るのよね〜ワタシの場合。
あの田舎っぽいイラストもツボだしヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ

チョコがリニューアルしたけど今までの大きさもあった気がするよ〜。私としては食べきりサイズで今回のサイズいいと思ったけどねえ。今までのは私が子供の頃からあるからすごく愛着あるよ。
「ふきのとう」の文字とかイラストの部分とか割って、
どっちを先に食べよう・・・とかやってたもの〜ψ(`∇´)ψ

ちなみにバターサンドや太平原のパッケージの包み方もリニューアルされてました〜。包みから袋になったんだけど、個人的には包みの方がよかったっす。包装紙節約の観点からなのかな??

>れいちゃん

マルセイバターサンドがあまりに偉大すぎてね、
六花亭に収まりきってないっていうの?
独走してるイメージだったんよね。
どこのバターサンド、でなくて
バターサンドはバターサンド、的なね。伝わるかしら?w
だからメーカーとか気にしたこともなかったのよ~。

板チョコも残ってるんだ!ならよかった~
一口サイズと、どっちも選べるんならそれがベストやね!

あら、バターサンド包みが袋に?
まだ見たことないわ。そりゃ残念!!

あーこのおかき美味しいよねぇ。
知り合いにいただいて、なんぼほどうまいねんと
リピートしたことがありました。止まんないよね。

うちのお父さんに北海道ブームみたいなんがあって
よくお土産にバターサンドを買ってきてくれていたなー。
なので六花亭といえばバターサンドです。ワタシ。
チョコレートの方を知らんかった・・・なんてこったい。
チョコレートめっちゃ美味しそうやね。

>ふるぼう
うひゃー やっぱしあたしだけね、無知だったのは!!w
なんてこったい。
六花亭のチョコレートはもうなんていうか、「素朴」だわよ。
歴史を感じる逸品だわ!

やはりホワイトを食べるべきと思いつつ
わしゃはモカが一番好き。といってももう10年以上食べてなく
味もすっかり忘れちゃったなー。
今は ドライイチゴをホワイトチョコでくるんだのが
定番人気だもんね~♪これは見た目もかわいい♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ラッピング裏話。 | トップページ | 船橋プチ探訪 »