« 「p」と「f」と。  | トップページ | 今週のネイル »

2012年2月20日 (月)

死刑確定まで13年

光市母子殺害事件、今日ようやくでましたね。
もう、13年も経ってたんですね。

この事件といえば、遺族の旦那さんが
報道慣れした雄弁な方だったのが印象深いです。
ご出身がどこかは知りませんが、
山口県の光市は、のんびりしたイイ所ですが、
ソコのイメージとは似つかわない感じの
洗練というか、頭のきれるお方でした。

遺族の立場では 加害者の年なんか
どうでもいいですよね。少年法てなんでしょうね。


前に、死刑執行の係の方の記述を読んで、
死刑は、いろんな人を苦しめてるなあと感じました。

執行する場面がずっとつきまとって、
引退後も普通の生活がもう送れなくなったとかで
とても気の毒に思いました。

執行される加害者は、恐怖感はあるかもですが
死んでしまえば痛くも痒くもなくて、
罪のない、周りの人たちのほうが
その後も長いこと苦しんでるって気の毒すぎる。
相手がどんな人間にしろ、「人間をこの手で殺す」
コトには変わりないもんね。そりゃきっつい。

いまだに日本は吊るし首。
それもそろそろ変更した方がいいんじゃないかしら。
吊るし首は、係の方の精神的なダメージと、
その後の処理が、他より大変だと思います。

冤罪の問題も根深いです。
新たな殺人を犯してしまってはあまりに残酷です。

加害者が、私達の税金で生きながらえてると思うと、
とっとと死刑を。とも思うけど。
食事や布団なんか与えずに餓死はどうかしら、とか。
ちっと残酷でしょうか。

加害者より被害者側がつらいのだけはNG。
被害者側は、事件だけで滅入ってるってのに
日本て、加害者ばかり守って被害者に厳しいですよねえ。

ところで こゆトコだけ仲良しこよし、
死刑を続けてる先進国は 日本とアメリカだけですね。
そろそろそのアメリカも廃止されるという噂です。
なんやかんやいうて、日本て結局残酷な国やて
世界中から思われてるんでしょうやー。ま当たってるけど!


死刑を続けるなら、
信頼がたおちの警察のおっさんたちに
冤罪を生まない取調べをしてもらって、
録音して明白に記録を残して 脅迫で自白なんてないように、
そこいらへんも、セットでやって欲しいものです。

あ。
隣の奥さんの下着盗んだり、
売春したりすることから、まずは改めてくださいね(゚▽゚*)アヒャ

« 「p」と「f」と。  | トップページ | 今週のネイル »

日記&雑感」カテゴリの記事

コメント

13年て長いよねぇ。
とても若かっただんなさんが確定後の会見で
さらに落ち着いた感じになっていたのが印象的だったなー。
結婚されたことを聞いてちょっとホッとしたりして。

裁判のたびにイヤな記憶思い起こさせられて
結果が納得いかないことがあったりして
被害者はまったくいいことがないような気がするね。

>ふるぼう

そうみたいだね~。密かに再婚していたw
けどまだ人生先があるから、いい出会いあって
よかったねー!!

現実的な話だけど、お金が大変らしいわ。
加害者のほうがなんやかんや税金の世話になり
被害者のほうが裁判費用も弁護士やらも
結構な出費らしいのよね~。たまったもんじゃないね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「p」と「f」と。  | トップページ | 今週のネイル »