« *がんの父親への接しかた | トップページ | 紹介漏れ »

2011年7月22日 (金)

拒食症

拒食症の義理の妹が5日ほどステイ中です。
1年前の今頃遊びに来た時とはまるで人相が違い
激ヤセしてました。40キロないだろうな。

もともと 幼い頃から 食の極端なかたよりがあって
仕事の激務・私生活のストレスが重なったんでしょうね。

だけど、本当にむちゃくちゃな食生活だったので、
こうなるのも時間の問題だなあというのは前からありました。

彼女と同じ24歳のころ、私も似たようなものだったし
いまだに摂食障害気味なので気持ちが良く分かる反面
まだ追い詰められていないというか、
どれだけ自分のカラダを痛めつけていてオオゴトになってるか
わかってないみたいで、ちょっとそこらへんが心配です。
改善しようとする努力が必須だからねえ。

食 っていうのは簡単に治せるもんでないですねー。
よっぽどしっかりした指導者が側にいないとダメそうです。

食べることがストレスで、
なにが食べたいっていう欲がないっていうのは
人生の楽しさを半分以上知らないんだろうなあって
普通に食べれる人がすごく羨ましく思います。
世の中グルメな話題ばっかりだから、見るにつけ悩んでしまい
責めてしまい、また更に拒食になってってしまう。

さあ どうしましょう。
何も食べません。
彼女が食べるとしたらお菓子かしょうがチューブなのですが、
今回はお菓子をまだ見てません(バッグに隠してるかしらw)
軽めのパンや果物からすすめてみましょうか。

« *がんの父親への接しかた | トップページ | 紹介漏れ »

日記&雑感」カテゴリの記事

コメント

食べることが幸せに思えないのはつらいよね。
ワタシ、食べるの大好きやからなー。
食べ過ぎて問題になることがよくありますが・・・。

どちらにしても、程よく食べることが出来て
幸せー♪って思える日が来るといいね。

頼もしいお義姉さんがいるから、義妹さんも安心やねwink

>ふるぼう

食育って大事って思ったなー。
拒食症の前に、食事の知識がないものだから
もし食べれて体重が戻っても
きがけてないとその後もまた戻りそうな。

もずくがいいと聞いたらずっともずくしか食べなくて
嫌いになるまで、副作用が出るまで
それだけ食べて食べて食べ続けるのよ。
ある意味すごいよね。自分の体で遊んでるような。

でも実家戻って、私が教えたいろんなレシピを
作ったよってって毎日のように写メが届くし
がんばっているみたいで少し安心した
クチうるさい義姉なのでしたーーーー汗

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« *がんの父親への接しかた | トップページ | 紹介漏れ »