« *残念な日本人~がんの歴史 | トップページ | 解熱鎮痛剤の使い分け »

2011年1月13日 (木)

根気あるわ。

お元気ですか(◎´∀`)ノ 西日本はだいぶ寒いようですね。気をつけて下さいね♪こっちは寒いとはいっても、まだ雪は降ってないよ。今日もお天気良くて家事がはかどりまつね( ̄▽ ̄)


先日、旦那がハラをこわし、いつものことなのでほおっておきましたら、ひどく痛んで熱も出てたので、アララと思い、翌朝病院に行かせました。ちょうど成人式の祝日だったので普通の病院はお休み、調べたら市内でひとつ、祝日対応の病院がありタクシで10分くらいのところでした。祝日は、担当制で病院がじゅんぐり、対応しているみたいですね。
そうしましたら、1時間たっても2時間たっても帰ってこん。連絡したらばあと2時間・・・また2時間・・・午前中に出かけましたのに、日が暮れて帰って来ました。6時間くらい病院にいたってすごか!!!私なら1時間以上の待ちだったら、とっとと家に帰って寝て翌日でかけなおすけどな。でも、仕事あるとそうも言ってられんか。
祝日対応の病院は、内科と外科それぞれ1つずつしかないから、殺到するよね~・・。もうちょっと数増やしたらエエのに。

私はといえば年末から、中断していた歯医者通いを始めました。週1まじめに行ってますが、医療費の月の予算は1万円なのだけど、そんな風で医療費がかかったので 、今月の歯医者は隔週にしよう(オイ 
前歯の虫歯をね、麻酔をかけて、がっぽし4本分くらい治療したんだけど、差し歯にするべきか悩んでるのよ。怖いようなー。でも詰め物してるけど、実際はがっぽしほがして自分の歯の部分はすでに少ないしな・・・悩むところだわ。歯医者はいやね~。早く終わらせたいけどいつまでかかることやら、だ。


あ。で、旦那はウィルス性のカゼのようでした。ノロなんだかよくわからないけど。薬飲んで2日くらいしたら無事治って一安心♪

« *残念な日本人~がんの歴史 | トップページ | 解熱鎮痛剤の使い分け »

日記&雑感」カテゴリの記事

コメント

おひさしぶりです。。


旦那さん大変やったね~~。休日診療とか、公共の診療所みたいな所やないとかね??でも無事回復して何よりです。


私も中断していた歯医者をそろそろと開始しようと思っているのですが、私もね前歯が幼少の頃からの虫歯でボロボロ・・・(昔の親は歯に無頓着だったよね。特にうちの両親は二人とも歯がよよくない)。人前でニッコリと微笑む事ができませんっ。
とりあえず歯医者に、保険きかないセラミックのをかぶせる事を勧められたのですが。1本11万とかで!!!!
私の家計にはとても無理な相談なんので、保険きくやつでお願いしようかと思ってます。それでも1本1万5千円・・。


他の歯医者にも相談したほうがよいのかね~~。案外値段違ったりして。
あぁ、お金があったらもっと見た目にお金をかけたい!!
歯でしょ~、脚の形が悪いので整体とかエステとかやりたいでしょ~、何より私は剛毛の毛深ちゃんなので、全身の脱毛をやりたいです!スネ毛なんて男性か?って言うくらいで、何をやってもダメだったので今は無法地帯(泣)・・・・・・。真夏でもスカートやクロップトパンツなんてはけやしません。


あぁ長くなってしまいました。
医療も美容もお金がかかります・・。

>はまち

おっす~!
年賀状、書いてたもんだから送っちゃって失礼しますた(;;;´Д`)

歯、はまちもそうかい。。なんかスッキリしないよねー。
常に なんとかしなきゃなんとかしなきゃ的な、
ココロのどっかに常駐する悩みよの。

確かに昔は、歯に無頓着だったよね。世間は。
私も子供の頃から手抜いてたから今じゃボロボロ。
諦めてたけど、それじゃいかんと最近ね。。
今回までなんとか治療でけたけど、次に前歯やったら
差し歯にするわ~。。泣 お金貯めとかなきゃ。。

脱毛!ワキとウデとセットで4年くらい前に
3万くらいでやったんだけど、安かったからか
だんだんはえてきたわ。でも本数は減ってるから
ラクはラクかもね。全然 脱毛してないよりかは。
高いお金出しても完璧になくすことはできんって、
そのサロンの人が言ってたわよ。
その時ある毛根は100%なくせるけど、
毛根って新しく違う場所からどんどん出てくるらしい。
だから高いのでなくって安いので試してみたら~。
月に1回で通うのもラクやし♪1年くらいかかるけど汗

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/537037/38450019

この記事へのトラックバック一覧です: 根気あるわ。:

« *残念な日本人~がんの歴史 | トップページ | 解熱鎮痛剤の使い分け »