« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010年11月30日 (火)

お豆腐やさんの豆乳

123

どんなショットやてかんじですけど。( ̄▽ ̄)近くにあったのでサイズをお知らせしようかと。カップに入った豆乳と、クリスマスツリーとみかん。

うちはスーパーやコンビニに行くのに15分歩かないといけません。でも 歩いて5分のところに古びた酒屋があり、埃をかぶった醤油や、サクマドロップや、賞味期限の切れたパンなどが置いてあります。スーパーに行くのが面倒な時は 賞味期限ギリのパンを安く買ったりしています(オイ そのゆるい、やる気のなさげな雰囲気が素敵。そこのおっちゃんは、近所の佐藤さん以外の数少ない知り合いのひとりです。(佐藤さんは町内会長さんで子供100番のおうち/毎晩回ってくる火の用心カチカチじいや見回り隊 隊長)

その店には農家直入の米やらあるんですけど、同じく、ダンボールのきれはしに手書きで書いてあった「豆腐やの豆乳 ※予約制 200cc 100円」が 気になって気になってしかたありませんでした。

豆乳が結構好きですが、市販のモノは 飲みやすいようにしてある分栄養価が落ちたりで 理想の豆乳がなかなかありませんでした。濃くてマズイかと思いきや まろやかで飲みやすかったです。とりあえず定期的に購入することにしてみました。おっちゃんは気が向けば、チャリに乗っておうちにも配達に来てくれます。たった200ccを1つだけど(汗、よくしてくれてありがたいですやね。

2010年11月26日 (金)

*がんを宣告されたら

家族、そして自分が がんって医者にいきなり言われたら。さあどうしましょう。2人に1人と言われるがんだけど、どこかでやっぱり 自分だけはってみーんな思ってるもんだから、そうなるとビビって当然です。

よっぽど悪性の強いものでない限り がんは、早期だと治すことができます。でも症状が出てきたらすでに初期ではないという現実もあります。自分だけはとたかをくくらず、気がけて 定期的に検査をしておくことが大事になってきます。

うちのおとんの場合も72歳で、それまで医者にかかったことはなく、健康だけが自慢だと、常々申しておりました。たばこも吸わず、お酒もたしなむ程度。人間ドッグも年に1度は真面目に行っていました。そんな健康的な毎日であったにも関わらず、進行がんに侵されてしまうのです。

宣告されてナニをするべきか。

1.早急に、治療開始前に セカンドオピニオンする
気が弱い性格の日本人は、主治医に気を使って言い出しにくい雰囲気があります。また、一刻も早く治療を始めたいあせりから、セカンドオピニオンしない場合もあります。気持ちよくよくわかりますが、大切な命が関わること。2つ、3つは病院を変えて診断してもらいましょう。
ここでとても重要なのは、セカンドオピニオンは転院することとは違います。意見や治療方法を伺うだけです。だから、本人でなくても家族がセカンドオピニオンを受けることができます。私は最初このことを知らなかったのと、本人が早く治療を始めたがったので、結局セカンドオピニオンはしませんでした。その代わり、知り合いの医者に相談に行き、主治医の方針や治療方法はどうなのか意見を聞くことができ、主治医で大丈夫そうだと、とても安心しました。

また、どうして急がなければならないかというのは、もしも転院することになったとしたら、病院で治療が始まってからでは現実的に困難だからです。医者とそのチームは、患者それぞれの治療法について計画をしっかりと立てて治療をスタートします。途中でその治療をやめて転院し、また新しい病院でまた一から治療をスタートするのは 好ましくありません。また、いったん治療が始まると、特に抗がん剤の際には、副作用で病室から出れる状況ではありません。

セカンドオピニオンはマイナスなイメージがありますが、とても大事な目的は、主治医の診断、治療方針が間違ってないのだと、確認し、主治医との信頼関係を強くするための行為とも言えます。だからもっと前向きに捉え、本人が体力的にも時間的にもセカンドオピニオンできない状況であれば、家族が主治医から資料をもらい、代理で受けるようにすると良いと思います。

2.家族は がんについて勉強する
本人は、これから受ける治療のことだけで頭がいっぱい。それに、知りたくないことも知ることになるので がんについて調べるのは家族のお仕事。なぜ調べることが大事かというと、あとから後悔しないために、できるだけ納得のいく治療を施してもらうためです。また、主治医に対し、質問ができるようにするためです。シロウトにまでわかりやすく説明してくれるお医者さんは稀ですから、こちらである程度知っていなければなりません。私はネットで調べることが多かったですが、あてにならないものもありますから、病院が発表しているものを中心にしました。使われる薬の副作用なども、あらかじめ知っているのと知っていないのでは違います。知っていれば、無駄に不安になることも減り、気持ち的にも冷静でいられます。

2010年11月24日 (水)

和製チェブ?!

1_2

2

昨日のメディアでは 朝鮮半島のニュースばっかりでしたね。あーあたし、日本人でよかった。韓国も北朝鮮の人も なんかかわいそうにも思えてくる。
びっくりしたのは、そのニュースが始まった頃にはすでに、佐世保にアメリカの船が入っていたことです。ぬほー。早いな!アメリカのスパイ、朝鮮でしっかり仕事してますな!!ワラ

ドイツは、生きてるあいだに元に戻ったけど、ココは、きっと私たちが生きてるあいだに元に戻ることはないんだろうなあ。悲しい歴史の産物ですね。アメリカもソ連も、ひっちゃかめっちゃか やってくれたものです。

さ。ソ連といえばチェブラーシカ、私のいちばん愛するキャラクターです。来月には新作映画の公開が控えていて、ブログがスタートしたり、にわかに賑わってきました。
チェブラーシカは、私が産まれる前に作成されたキャラで、たった4話しかないのにもかかわらず、ロシアのキャラクターとしてオリンピックに登場したり 結構がんばってます。
今回それを、なんと日本人が中心となって新たなお話を作ったというのですからエライです!!チェブの声は大橋のぞみちゃん。んーでもなんか違う。もっと幼くてもじょもじょ話すほうが合ってるけどなw 先日、地元ロシアで舞台挨拶があり、ロシア人もたいそう喜んでたそうな。
もう作られないと思い 4話を腐るほど見た私のようなファンにとっては、まさか5話目に遭遇できるなんてのは、夢のようなおはなしです。神様ありがとう。

*中咽頭がんってなに

【場所のこと】
中咽頭が含まれる、頭頸部(首から上、脳をのぞく 耳鼻咽喉科の部分)がんは、全体のがんの たった5%で、うち、中咽頭がんは この中の10%というから、だいーぶ稀ながんの種類と言えます。
咽頭は上・中・下に分かれ、上咽頭は鼻あたり、下咽頭はノド下、食道の入口あたり、そして中咽頭は 扁桃あたりを指します。なので中咽頭がんは別名 扁桃がんとも言うそうです。中咽頭がんは 年間1,500人ほどが発症しています。少ないですね・・・。

【原因】
たばこ、酒(大量の) がリスク要因と言われており、九州沖縄地方に多いと言われるのは、酒飲みが多いからだとか。圧倒的に男性、年齢は50~60代。おとんはたばこ大嫌い、酒は好きだけど量はさほど飲まない・・・だから あまり関係ありませんでしたが。

【症状】
飲み込みする時の違和感など。風邪の時なんかはよくある事なので 患者のほとんどがこの、原発単体での初期症状では気づかない。このあたりはリンパ、神経が集中してる場所のため、リンパに転移し、首あたり、リンパが腫れて初めて異変に気づくそうです。ノドチンコあたりが大きく腫れてるというのに、熱も出ず痛みもない なのが不自然で、あら?風邪じゃないのか・・もしかして? になるようです。他の場所のがんと少し違うのは、リンパが多い場所のため、診察時リンパ転移してる場合がほとんどです。ただ即、そこから他の臓器に転移するということではありません。他の臓器に転移するとすれば、肺や胃となり、その場合はステージⅣとなります。

【治療方法】
ここでは俗に言うがんの3大療法だけ書きます。外科療法(手術)・放射線療法・化学療法(抗がん剤)のうち、放射線が効きやすいがんであると同時に、抗がん剤が効きにくいがんです。
放射線治療は、手術したのとほぼ変わらないほどの効果が出るようになっています。その理由は、手術の場合、切ったら終わりでなく、術後QOL(※後述)が著しく低下するため、どちらかというと手術は積極的ではなく(切る必要がある場合は除く)、その分、放射線治療がさかんです。また、抗がん剤が効きにくいというより 種類が少ないため、治療方法の幅が狭い、選択肢が少ないです。悲しい事実ですが、稀ながん=抗がん剤の開発が遅い、認可も遅い=種類がない=体に合わなかった時、他の抗がん剤に切替えて治療を進めることができない。 ということになります。やはり割合は重要で、患者数の多いがんの方が、治療環境は恵まれてるように思います。
手術について。たくさんの神経がある場所のために技術が必要で、腫瘍が小さい場合は縫うだけでよいのですが、そうでない場合は がんやリンパ、舌の付け根、あごの骨などを切ったあと、自分の体の筋肉、皮膚などを移植します。おとんは医者に、その場合、顔の半分くらい切り取ることになると言われまっつあお!!だったらしいですw

【私の勝手な印象】
やっかいながんです。QOL(生活の質 クオリティオブライフ)の点で強く思います。たとえ退院できたとしても、治療前の生活のレベルに戻るのが難しく思います。
咽頭は、食べる、飲む、呼吸する、話す・・・・普段 生活するうえでかかせない場所ですが、放射線の後遺症は大きく、唾液が出なくなるために起こってくる弊害が大きい。唾液が出ないと普通の食事は取れない(おかゆ、うどんなど)、唾液が出ないと口が渇いておしゃべりもできない・・・グルメ~でしゃべり好きなwww おとんにとっては、きっと 一番きつい がんの種類と後遺症なのかも知れません。あと代表的な後遺症では、味覚がなくなる、難聴、手術の後遺症では、嚥下(飲み込みがうまく行かず鼻にいったり)や、しゃべる際にうまく発音できず鼻にとおる などもあります。

2010年11月22日 (月)

*おとんががんになる/治療経過まとめ

2010年 9月、健康だけがとりえだった72歳のおとんが「中咽頭がん」になり、4ヶ月の入院治療、クリスマスの日に退院しました。
珍しいガンでネットにも情報が少ないので、普段使っていたブログの一部に 中咽頭がんのことを残しとこと思う。
おとんは長崎県の実家、私は千葉に暮らしているので、日々の詳細は伝えられませんのですみません。

【治療の経緯】
2010
9.22・・・前兆なし。短期間1週間くらいのあいだに、急激にノドが腫れたのに気づく。熱が出ないことからおかしいと思い すぐに近所の小さな診療所に行く。詳しくわからないと総合病院を紹介され、中咽頭ガン「ステージⅢ~Ⅳ」であることが判明する。 原発は6cm、リンパ1箇所転移、遠隔転移なし。治療方法は「放射線」「抗がん剤」の2つと決定。

9.28・・・入院待ちで、外来で放射線治療スタート 2Gy@day×10(合計60Gy)、扁桃腺の原発が6cmから半分ほどに縮小。

10.12・・・市内の総合病院に入院、抗がん剤治療を開始する。放射線の副作用で唾液が出なくなる、照射の首部分が黒ずむ。抗がん剤の副作用は高熱と白血球低下、吐き気はない。

10.18 原発の腫瘍の消滅、転移先リンパは2cm弱に縮小したが、副作用もひどく出てきて、白血球低下のためいったん治療中断、体力回復を待つ。口内炎が悪化。

10.24 ひどい口内炎のため食事、水も取れず、高カロリー液体を管を鼻から胃まで通し、1日3回注入開始。口の中はひどい状態で、話すこともできなくなり筆談になる。たんがひどく眠れない。副作用の痛烈さ。ほとんど寝たきり。

11.8 白血球数値が戻り ようやく治療再開。抗がん剤副作用で髪の脱毛開始。治療の時間以上に、白血球を戻すための体調回復を待つ時間のほうが長い。

11.13 週末、鼻にチューブはつけたままで入院後初めて一時帰宅、久々にお風呂に入る。入院治療後半に突入、残り半分の治療で、原発より困難っぽい リンパ腫瘍の消滅して欲しい。

11月下旬 リンパ腫瘍も消滅したようだった(画像にまだ影があるが おそらく放射線治療の焼きカスだろうという医者の判断。その病院ではそれ以上わからず)が、きついけども、この機会にがん細胞を徹底的にやっつけるべく、予定より1クール多く抗がん剤を追加、全ての治療が終わる。即退院はできず、口から飲食するリハビリを開始。まずは水から。

12.24 退院、自宅療養へ。月に1度の通院、触診。3ヶ月に1度のCT検査。

2012.9月 がん宣告から丸2年。前向きな性格と、野菜ジュースなどのおかげで、すこぶる元気になりました。お酒を控えたり食事の内容に気をつけるようになり、がんになる前よりも体調が良くなっています。放射線治療の後遺症である味覚はほぼ戻りました。唾液は完全には戻りません。ノドがよく乾くので 出かける時には必ずペットボトルで水を持ち歩きます。ですが当時のことを思うと信じられないほど回復しました。再発しないよう、今後も気をつけていきたいです。

2010年11月20日 (土)

爆速パソコン

本当は 欲しかったのはマックのうっすーい、CMでやってるほれ、白いノート。だけど現実的には 私にはノートは2台目が理想。

先週、九州から戻ってきて久々に私のPCの電源をつけたところ、びーっと変な音がしてあの世ゆき。本体が壊れました。まあ寿命でしょう。相当ハードに働かせていたと思いまつ。この1週間、仕事では旦那のvaioノートを使わせてもらってましたがイライライライラ。。。遅いし ノートに慣れてなくて時間が倍以上、画像保存するたびに固まる・・・高かったんだけどな~これも(泣・・・(思い起こせば、味噌汁事件のアイツですワラ)※参考文書 味噌汁事件/味噌汁事件その後

とにかく急ぎだったのでネットでDELLで買いまして4日くらいして本日到着!アウトレットDELL(未使用新品で返品された商品を安くしてるヤツ)9万弱で11ギガかな?画像いじくりでだいぶ喰うので爆速たいへん助かります♪

データはドロップBOXのおかげで助かりましたが、winが前よりUPしたため、画像いじくりに必須のソフトが立ち上がりませんでした(´・ω・`)ショボーン

win7が入ってます。マック風の動き。なんて説明すれば。。。アイコンがぐるんってなる感じ。半端なパクリが痛い。けどやぱwinてつまんないなー業務用だなー。とかいいながらそれに慣れてる自分がくやしーなー。ぶつぶつ。。((・(ェ)・;))

2010年11月14日 (日)

秋は検診の季節です

前回のブログの続きのようですがw 検診、定期的に受けてますか??秋は特にそんな時期ですね!私だけか?誕生日あたりに 子宮がんと乳がん検診を2年に1度、健康診断は年に1度と決めていくようにしています♪

今年は乳がん検診の年なので、健康診断と合わせてしたいのですが、千葉に来てからは行ってないので病院探しを始めました。マンモができる病院って結構少ないんですよねー。

加入保険にもよりますがだいたい乳がん検診(マンモ&超音波)で1万円前後、健康診断でこちらも1万円前後くらいします。こういうの好きで受診するヒトいないと思いますが、ちょっとは検診に行きたいという気持ちにさせてくれるよな、できる限り素敵な病院でやりたいものです。いっこ、素敵な検診センターを発見( ̄▽ ̄) 都内だけど 「ココ」なら40分かけてでも行きたいと思ったんです~!検診に行く。というより、素敵なインテリア拝見ツアーと思えそうな。値段がバカ高いかと思いきや、おんぼろ総合病院でやるのとおんなじ~。


サイズが切れてる場合は 画像をクリックしてリンク先のゆうちゅうぶでご覧下さい。

雑貨や家電などではよく目にしますが、グッドデザイン賞の対象にこんなんがあるんやね!ココの施設、「社会領域の公共サービスシステム部門」で今年受賞したそうです。素敵な内装、インテリア&雑貨、食事付き、アテンダント付き(CAスチュワーデスの訓練を受けてるらしい え)ご丁寧な感じでたいそう気に入ってしまいました!通常 検診て、朝早い時間だけなのに、3つの時間帯から選べるのも、朝が弱いあっしには嬉しい♪こんなんなら宿泊ドッグもやっていいかもね~♪そもそも無機質で事務的で味気ない病院が多いよね~。通うのが楽しくなるよな医療施設ってエエな~~。

2010年11月13日 (土)

*戻りましたよー

3週間ぶりに千葉のおうちに戻って参りました。実家を離れる時は、できるだけ長くいたいなあと思っていて、でもどこかで日常にも戻りたいような不思議な感じでしたが、実際戻ると、ちょっとちらかったおうちを片づけたり、枯れてしまったお花の処理(全滅う)。゜゜(´□`。)°゜。などだけど、自宅でのこの平凡な毎日が 気持ち的には落ち着きますね~。

父のほうは昨日、一時帰宅が許されて、シャワーや体拭きでない、1カ月ぶりのお風呂を楽しんでゆっくりしてまた病院に戻ったそうです。治療はあと10日ほど残っており、自力で食事が取れるようになってからとなるので 退院は来月半ばくらいになるのかなと思います。副作用の口内炎がひどくてまだ鼻からチューブで液体のご飯なのですが、これが結構きつそうです。しゃべり好きの父ですが、放射線の副作用で唾液が出ないため、長くしゃべってるとつらいみたいです。ほかにも味覚がなくなったり、難聴になったりの副作用もありますが、早ければ半年、長ければ数年単位で軽くなってはいくようです。

抗がん剤の副作用としては、白血球低下と高熱が出ましたが、抗がん剤治療が終わって2週間ほどしてから脱毛が始まりました。もともと薄めではありましたがw やはり、髪をつかんでひっぱるとばさっと塊で抜けるのが落ち込むみたいで、姉とニット帽を買ってきました。病室の床にたくさん抜け毛が落ちて、父親が見てないうちにそれを拾って捨てたり、なーんだか切ない瞬間もありました。

ガンの現状は、転移先のほうが消えるか消えないかというところで、残りの治療で消えてくれなければ切るようですが、思い切って切ったほうが再発の可能性がほか(放射線と抗がん剤)より減るので、それも仕方ないのかもしれません。しかし、ノドって大事なとこなのですね。他の場所のガンも大変と思いますが、食べる、話す、呼吸するなど・・・ノドあたりには生活する上で重要な色々が詰まっているので、ガンがなくなった後でも、副作用の影響が残ると暮らしづらい、影響が残りやすい場所だと思います。

お湯をはった足湯用のバケツでの足湯をとっても喜んでくれて毎日やりました。ソレ自体500円そこらですがねw いたってシンプルだけど 体もココロもほっこりなるので、みなさんにもおすすめですよ♪そんなこんなの田舎での3週間でした!!皆さんも、日頃から食に注意して、程よく運動、検査もきちんと受けるようにしましょうね♪早めだったら怖くない病気なんですからっ!

2010年11月 5日 (金)

*千葉~♪

いよいよ明日決着か?!過去最高に地味な! 日本シリーズ、本日ロッテが勝ち王手!どうせなら、千葉に勝って欲しいです~。千葉は、地元を愛する人が多い感じなので、優勝したらまた盛り上がるよな~。そんなまっただ中に千葉にいないのが悔やまれる~!

地元での毎日。毎日病院に通ってますが それ以外は 疲れをためないように ゆるりとしてます。たまに友人とお茶したり、姪のお遊戯会に行ったり。おとんの病院では、体を拭いたり足湯してあげたりマッサージなどをして、できるだけ気持ちよく過ごしてもらいたいなーと毎日続けてます。新聞やおとんへの郵便物の配達、マスクやティッシュなどの買い出しなど。白血球が下がった時期にすえおそろしくなったので、感染しやすくなるため、病室の中のいろんな場所を除菌したり、なんか潔癖のヒトってこんなんなんやろなあと、初めて思いましたwww

おとんというより、おかんのお世話?の割合が多いかも!!入院中のおとん代わりの話し相手としてや、私がヨガを教えて一緒に毎晩リラックスするようにします。おかんは疲れやすいので、体力おちないように家事を手伝ったりとか。

滞在残り1週間くらいになりました。日常に早く戻りたいような・・・どっちもだな~。おとんの治療は残り半分、全部終わって退院するまでは おれないのが残念です。でも、たぶん 腫瘍は消滅してくれるだろうと確信して元気に帰りまーす!ふぁいとーう!

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »