« しばしのお留守 | トップページ | ピースのゆくえ »

2010年2月 5日 (金)

危機感と決断力とゆるさ

Fuji_2

ごぶさたでやんす 先月末、千葉に戻っただよー。写真は行きの飛行機から見たニッポンイチの山だ!!こんなに晴れて、上らへんで見るのは珍しいでしょ!

飛行機といえば。九州に帰省中に赤い航空会社が破綻してしまわれた。ほんにおおごと。夢にも思わなかっただよ。

今は関係ないけど、私は働き出してからのほとんどを青い航空会社の元で働いてきたもので、自分とこでなくてよかった♪ではなくて、うひゃー こわっ と思うています。赤いトコは、2兆円の負債うち半分の1兆円は税金でやりくりします。格安航空会社など作って挽回するのが予定のひとつのようで。

どう思われる??(*`ε´*)ノ ここんとこの不景気で、つぶれかけの会社なんて数知れず、でも経費削減しつつ生き延びる努力をしてるわけでしょう?まじめに対策してきた会社がバカを見るなんて許されないわ!!プンスカプンスカ

今から17年前のハタチの頃(遠すぎ)、私が入社した青い会社のグループ会社は、飛行機の機体や部品の仕入れにメンテ、ペーパーや飲み物機内食の手配、機内誌の作成、空港の入札その他・・・飛行機が飛ぶための色々をやる商社でした。入社2年後に一気にリストラが始まりました。制服の廃止、リストラ、子会社の統合・・・ムダをはぶきだし、経営がまずくなってきた提携ホテルとは さっさと手を切り始めました。

要は 企業が持っていなくてはならないものとは、「危機感」「決断力」「ゆるさ」と思います。青いトコはマズイと感じた時、ばさっと切る対応が早かった。これは私がこの会社を受けた理由の1つめでありますが 「業界で2番目」なこと。1番目と違い、2番目は必死さ、危機感があるという点で魅力的。

会社を受けた理由の2つめは「ゆるさ」 ?!楽しめる余裕というとこでしょか。中学生の時に新聞の一面募集広告で見かけた「飛行機に絵をかきませんか企画」(のちのマリンジャンポ)で、面白いことやる会社やなあと思うたのを覚えています。当時は飛行機に絵が描けるなんて思いもしなかったから。いざという時も、カタにはまらず行動できる幅の広さみたいの、企業には大事なんでないでしょか。

なにはともあれ。赤い会社が、我々の税金で作った会社で安いチケットを売り出し、真面目に経営努力してきたライバル会社をつぶすことに加担すること=チケットを買う ことにまったくもって反対です。署名でもしたいくらいのいきおい。

だけどもう一方で、1番目は常に1番目であって欲しい。切磋琢磨できる業界の状況に 早く戻って欲しいと思っています。矛盾してるけど。やっぱり敵がいないと面白くないわよね、どんな世界でも。

« しばしのお留守 | トップページ | ピースのゆくえ »

日記&雑感」カテゴリの記事

コメント

ワシは赤い会社、
潰した方がよかったんじゃないかと思うとります。
それはそれでイバラの道だろうけど、
残してもまた国が甘やかしてしまうのは
安易に予想がつくことでして・・・
まあ、その前に、国が潰れそうなんだけどねw
 
それではまた!
 

>makoさん

うんそうおもー。
潰れるのは時間の問題だったねー。
国営時代の のほほん♪あまあま♪ な体質は、
そうそう治らんかったてことやろたいね。

でも すえ恐ろすいのは
今回の事件が1企業の問題にとどまらず
ニッポンコクがけっこー まずいとこまできてるわよ
って象徴だったりするのよねえ。それがすごいや。w

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/537037/33268872

この記事へのトラックバック一覧です: 危機感と決断力とゆるさ:

« しばしのお留守 | トップページ | ピースのゆくえ »