« 検診の季節です | トップページ | 残念な定期演奏会 »

2009年11月23日 (月)

下総三山の七年祭り

21日から23日まで、私の住む地域一体はお祭りです。歴史は古く550年くらい続いており、千葉県の無形民俗文化財にも指定されているというお祭り。お祭りと言っても、地味な百姓の祭りらしく、どちらかと言いますと、博多の山笠と同じで、観光客相手でない、見世物でない祭りなので、ネット検索してもたいした情報がなく、どこで神輿が見れるのか、よくわからないままとりあえず出向きました。

面白いと思ったのは7年に1度のお祭りってことと、いくつかの神社(いくつかの村)の合同祭りというところ。7年もココに住んでいるとは思えないのでw これは行っておかないと二度とないだろう、と。あ。祭りの目的を伝え忘れました、たしか安産祈願の祭りだったような。。?w
1 2 3
メインとなる二宮神社までは家から電車とバスで30分くらい。途中、人生で1番おいしいパンに出会え感激しました。石釜パン屋さんありがとう。二宮神社までは看板もなく人もおらず、一体どこにあるんだか不安になりつつ、人に聞きながらようやく到着すると、どこから来たんか!というくらいのいきなりの人だかり。出店も100はあり、驚きました。地域のお祭りなんですね~。たいした宣伝もないってのに、きちんと集まってきているあたり、その土地だけの祭りっていう雰囲気がよくわかりました。
4 5_2
神輿がとにかくゆっくりで、たまに後ろに戻ったりw、山笠のあの速さに慣れてたからか、チンタラチンタラしてるのがたまにイラっときましたがw、逆を言うと優雅なお祭りで これまた風流でした。神輿がよく見える場所をあけてくれて、全然知らないおっちゃんおばちゃんが親切に話しかけてくれ、祭りのことを色々教えてくれ、とっても楽しい時間がすごせましたヽ(´▽`)/ 以下の神社が、順番に、それぞれの神輿を担いで移動し二宮神社に参拝に訪れます。神社の中に入り、出てそれぞれの村に戻って行きます。神社ごとに、夫やら妻やらと、役割分担があります。

夫:二宮神社(船橋市三山)
妻:子安神社(千葉市畑町)
産婆:三代王神社(千葉市武石町)
子守:子守神社(千葉市幕張町)
叔父:菊田神社(習志野市津田沼)
叔母:大原大宮神社(習志野市実籾)
息子:時平神社(八千代市大和田萱田)
娘:高津比咩神社(八千代市高津)
末息子:八王子神社(船橋市古和釜)
接待役:根神社(習志野市鷺沼)

神輿が見れる昼間に出向いたのですが、夜には同じ二宮神社の中でやほーラーメンつけめんが来るとポスターで知って、お笑い芸人に会える♪とちょっとワクワクしたのですが、寒かったのと、夜はドラマの仁が見たかったので、つい帰ってきてしまいましたw もったいなかったかな~。でも仁、面白いもんな~w

« 検診の季節です | トップページ | 残念な定期演奏会 »

九州人の関東散歩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/537037/32316815

この記事へのトラックバック一覧です: 下総三山の七年祭り:

« 検診の季節です | トップページ | 残念な定期演奏会 »