« 2代目レミパン♪ | トップページ | 技術の進歩 »

2009年1月12日 (月)

坊主と林檎がやってくる

買物熱冷めず((・(ェ)・;))

通販おたくの私には カタログハウスの「通販生活」とう冊子がバイブル的存在です。高いのでなかなか手は出んけど、流行りモノのチェックにかかせません。
オリジナル商品は 定価でカタログハウスで買うしかないですが、そうでない商品は、楽天などで検索して安く手に入れるのがおすすめです。

カタログハウスは 突拍子もない商品はなく、基本に忠実で質の良い、定番商品がほとんど。その最新号で紹介されていた中で、三洋電機の炊飯器「かまど味」、メディカル枕などと共に気になったのが、BOSEのCDプレーヤー
ジャズピアニストだったかが、プレーヤーを色々ジプシーしてようやくたどり着いたのがこれ!とか言うし「コレしかない。」と思うてもたわけねヾ(;´Д`A

去年わたしが支払いすぎた税金その他が十数万戻ってくる予定で、それでスピーカーが買いたいんだけど。と このBOSEを 旦那に提案したところ、BOSEは良いしよくわかるけど、「いまどき「CD」はねーんじゃねー?」と言われ、それもそうだ。と再検討してあっさり?w こちらを購入することに変更↓

Bose_2

その、ピアニストが勧めてたCDプレーヤーより安くおさまる、
iPod×2コ
(旦那用タッチパネルの、私用 第4世代の)
(ヤフオクだと新品も安い/更に安価な韓国語版と間違えやすいので要注意)

BOSEのiPodスピーカー
(詳細こちら)」にしますた。

2代目iPodを買わねばと思ってたのと、iPod用スピーカーも結構な音が出せるというので、それならサイズちっこいし邪魔にならず、同時に充電できるiPod専用スピーカーがいいかもねと思い。
そいで、ブルーレイが主流になって価格が下がってきたらば、また次を検討しようということに。

早く届けぇ。やっと音楽が楽しめる環境になりまつ つД`)・゚・。・゚゚・*:.。

« 2代目レミパン♪ | トップページ | 技術の進歩 »

日記&雑感」カテゴリの記事

コメント

ウチもこの前コンポが終えたから
パソコンをコンポ代わりにするために
そこまで立派でなくてもいいから
パソコンで音楽を聴く用の
ちょっといいスピーカーがほしいのう・・・
今のスピーカーはヘボすぎる、
おそらく市販価格1000円以下相当(´・ω・`)

それではまた!
 

>makoさん

スピーカーつけないと普通にPCで聞いちゃうと
その音源にたいして、
とってもとっても申し訳ないっくらいショボイですもんねえ。

1000円そこらやったら明日にでも!!
買ってあげてくらはい♪

いやいや、今のが1000円以下相当だと。
わかりにくくて申し訳ない。
貧乏なワシが狙っているのはこれ↓
http://www2.elecom.co.jp/multimedia/speaker/ms-76/index.asp

http://www.logicool.co.jp/index.cfm/speakers_audio/home_pc_speakers/devices/4251&cl=jp,ja

どちらも3000円くらい。
ネットでの評判もまあまあなので
今度お店で聞き比べてみます。

それではまた!
 

こだわりが強い私はこれ買おうかどうか悩んでいます。
今はJBLのモニタ使っているんだけど、こっちの限定品だと
アルミボディのマックにピッタリで文句ナシなんだよね。
http://www.bose.co.jp/jp_jp?url=/promotions/entry_pages/entry_page_m3.jsp

>makoさん

あらそういうことでしたか!
チェリーウッドな感じがすてきね~♪♪
実際自分の耳で聞いて 納得のスピーカーGET
してくださいねんヽ(´▽`)/

>夕輔さん

限定品にはあたしも弱いわあ。

文句なし商品なのになんでまだ買ってないの!!
て 買物熱にうなされてる今の私にはそう思えますw
売り切れ前にぜひGETでー!!

>夕輔さん

どちらも小さくてイケてますねー!!(死語?\(;゚∇゚)/

なんででしょう。
音楽関係の家電を購入する時って
妥協しきれんですよね~。こだわってしまうトコロ。

ついつい限定品だと買いたくなっちゃいますが
ようく比較してみて、自分の欲しい内容に近いもの
で 決めれたらよかですねー!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/537037/27058134

この記事へのトラックバック一覧です: 坊主と林檎がやってくる:

« 2代目レミパン♪ | トップページ | 技術の進歩 »