« 初体験3つ。 | トップページ | 湿気のバカヤロウ »

2008年7月21日 (月)

不快なCMその1

アメリカンホームダイレクト。

車の保険のCMです。

いっこは、おばはんがゴールドカードってやつで
「あたし 安いのに弱いのよねえ」
「弱いんですかああ」

。。。

にこめは、もうすぐ結婚するという若い男性編、
「もうすぐ結婚するんです」
「そうなんですかあ?よかったですねええ」


その昔、
穴という会社のコールセンターに7年ほどいた時
それはもう夢にも出てきそうなくらいに叩き込まれた
敬語やクッション言葉や、電話での応答の基本&応用。

私に限らずコレ系の仕事をしたことある人には不快に違いない。いやコレ系の仕事してなくったって普通に不快かもしれん。

なんなんすかこの馴れ馴れしさ。通常こんなのありえません。
親近感の履き違えも甚だしい。不快不快嗚呼不快!

アラ取り乱しましたsweat02

« 初体験3つ。 | トップページ | 湿気のバカヤロウ »

日記&雑感」カテゴリの記事

コメント

親近感でお近づきになり、入ってもらったらこっちのもんってやつだね。
最悪なのはいざという時に保険がおりない。なんのための保険じゃ?
ちなみに私はチューリッヒだ。ぐだぐだ言わずにさっと保険おりたぞ。
あー、また水没思い出してしもうた(涙)

穴は離島にいた1年間ひたすらお世話になりましただ。
高知空港で胴体着陸して有名になった同型機にいつも乗ってました。
事故当日に乗る予定でしたがニュース見てフェリーに変更しましたとさ。
搭乗予定の皆さんはニュース見て固まってるし、地上係員の皆さんも固まってましたもん。
それにしても、離島は着陸できない率が高かったですわ。
初めて離島に出張で行くとき、4便あるうちの3便を予約していたら天候不良で欠航。4便に変更しひたすら待っていたらまた欠航。おうちに帰って翌日1便はお天気よく飛びました。
でも、島の上で1時間くらい旋回して降りれず福岡に引き返していったことや、着陸寸前までいってどうしても降りれない状況だったらしくさっさと引き返してしまったことは日常茶飯事ってな感じで対応もきちんとしていらっしゃいました。

あたしも、1年少々某電話会社のオペレータを
やらせていただいとりましたんで
確かにフレンドリーすぎるなぁと思ってた!

こんなしゃべり方しとったら、スーパーバイザーがスタスタ
歩いてきて、机をコンコンてされて、すごい顔でにらまれる。

コワ。

>夕輔さん

この会社、このCMがどれだけイメージダウンか
まだ流れているところをみると
気づいてないってのが一番おそろしーですねえ。

胴体着陸したのってボンバルデイアかあ。
私はこの機種よく知らないんですが
あたしの頃は対馬へはYSだけでしたw。
その昔はプロペラ機〜〜〜ww

そう。あそこの空港は
条件付き(引き返し)運航が多かった。
他の空港とはわけが違い、
クルーもお客さんも慣れてたので
ブーブー言う人も少なくて平和でしたよねw

>ふるぼう

ふるぼうもオペレーターやってたんだ〜?
知らなかった〜!

スーパーバイザーから呼び出しくらうの、
どこの会社もおんなじなんやねw
ほとんど全部テープに取られていたから
下手なこと言えんさねえ。
お客のわがままに振り回されて
電話での仕事てストレス溜まりやすいし
あんなとこ ようおったなと自分で思うわ。
ふるぼうもお疲れさまでした〜〜♪w

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/537037/22468258

この記事へのトラックバック一覧です: 不快なCMその1:

« 初体験3つ。 | トップページ | 湿気のバカヤロウ »